池袋の友誼食府は日本に居ながら中国旅行体験ができる場所だった【購入品やカードでの支払い方法】

あなたは池袋で中国体験をできる場所を知っているか。

私は割とディープスポットや異国を感じられる場所が好きなのですが、友人に「池袋に中国の人が通うフードコートがあるらしい」という話を聞き「絶対行きたいじゃん」ということで早速一緒に行ってきました。

場所は、池袋駅北口すぐの建物の4階(ごめんなさい外観撮り忘れました)

外に店名は書いてあるけど、知らないとなんのお店はわからない

エレベーターで4階に上がります。

エレベーター開いたらこれ

エレベーターの扉が開くとなんか嗅いだことのない匂い。いやある!
これは上野のアメ横地下食品街に近い匂いだ・・!

ワクワクしてきました。

目次

友誼商店(スーパー)と友誼食府(フードコート)で構成されている

中は中国の食品が購入できるスーパーと中華料理が食べられるフードコートで構成されています。

フードコートの席は全部で20席程度ですが全て埋まっていたので、まずスーパーの方をぐるりと回ってみました。

おつまみからお酒、スパイス、乾燥した麺、冷凍食品などなんでもあります。野菜とコイとフナも居ました。

冷蔵庫は壁一面にコの字型に配置され、点心やお肉、豆腐糸まで多数の冷凍食品が取り揃えられていました。

平日夜そんなに混んでなかった
飲み物ゾーン
冷凍食品が沢山、小籠包買いたかった
なんかむっちゃスパイス
お酒コーナー
花巻やおもち
野菜ゾーン、黄ニラとかウリとか
中国って淡水魚を好んで食べるのかな?

写真を撮り忘れましたが火鍋の素も沢山ありました。粉末とかでなく鍋をそのまま固めたやつみたいなのもあった(そのまま鍋に入れたら溶けて液体になるやつ)

台湾ビールと亀ゼリーと魚水煮の素を購入。保冷バックと保冷剤があれば豆腐糸とか小籠包冷凍パックも欲しかったな。小籠包は大容量で600円くらいでした。

写真では全然人居ませんが、たまにどかっと人が来て慣れた感じでビールやつまみをサッサと買って帰る人が沢山居ました。滞在時間1分くらい。

友誼食府でテイクアウトに挑戦

フードコートの席が空いてきたので早速店舗を見てみます。

上海・四川・台湾のお店と飲茶を扱うお店・お肉を扱うお店(このときは開いてなかった)がありました。

スペースはかなり小さくてお店と席を合わせても1クラス分くらいの広さしかありません。

台湾のお店から臭豆腐の香りが漂っております。懐かしい笑

夜ご飯は食べてしまっていたので、おつまみにいくつかテイクアウトをすることにしました。

私がぐるぐると回り続けていると、四川料理のお姉さんが「麺が食べたいですか?おつまみが良いですか?」と声をかけてくれました。「おつまみを買って帰りたいんです〜」というといくつかおすすめの品を紹介してくれました。

四川のお店

ここでは、スペアリブの煮込みとハチノスの和え物を購入

辛そうな麺もあって食べたかったけど持ち帰りだと伸びるよなぁと思い断念。

スペアリブの煮込みはすでにできているものを冷蔵庫から出して詰めてくれて、ハチノスの和え物は野菜を切るところから作ってくれていました。

待っている間に飲茶のお店で餃子5個セットと煎餅果子(ハムとレタスと卵が入ったクレープみたいなの)を購入。

ここのお母さんは日本語は話せないのでジェスチャーと指差しと出川イングリッシュで乗り切りました。
日本語が通じなくても感じが良いのでなんとかなります。

クレープみたいなのの注文が沢山入っていたらしく、完成したお料理を「渡して〜」と言わんばかりに私に手渡すお母さん笑

お客さんに「できました〜」と提供したらお客さん笑ってた。平和な世界。

クレープみたいのを焼き焼きするお母さん

そして次は上海のお店で、鶏肉を揚げて解体したものとおこわ焼売のようなものを購入。

左手が上海のお店

こちらのお母さんは日本語ペラッペラでした。これは帰って食べるならそのままで大丈夫〜明日の朝なら40秒温めて〜と丁寧に教えてくれました。

四川料理のお姉さんも温め時間を教えてくれました。

上海のお店のネギ麺みたいなのもガチョウも金木犀の餡子が入ったお菓子みたいなのも美味しそうだったなぁ。
ちなみにこのダウツンというお店はレストランがあるらしく、こちらはテイクアウト用のお店みたいな感じのようです。

日本のお客さんも結構いるようで(この日も半分くらいは日本人)日本人にも慣れておりかなり優しい丁寧な接客でした。

みんな優しくて温かくて可愛いお母さんたちと国際交流ができて嬉しかった〜

友誼食府の支払い方法

友誼食府(フードコート)では専用のプリペイドカードに現金をチャージしてお会計をしないといけません。

上海のお店のすぐ横にチャージ専用のレジがあります(行ったらすぐわかります)

  • 名前と電話番号を伝えて自分のカードを作ってもらい好きな金額をチャージする
  • 各店舗でカードを借りて、店員さんに言われた金額を都度レジでチャージして払う

上記の2択です。

私は今回は各店舗が用意しているカードに都度チャージして支払うことにしました。

今後も来る予定がある人や、違うお店で購入する度にレジにチャージしに行くのが面倒な人は自分用のカードを作ってもいいと思います。

ちなみに特に何もわからずお店で注文しても店員さんが教えてくれるのでそこまで心配はないですよ。(大体日本語伝わる人がどこかにいる)

チャージするときはレジのそばでボーッと立ってると店員さんが来てくれて希望額をチャージしてくれます。気づいてもらえなかったら声をかけて希望のチャージ額を言えばOKです。

非常に見えづらいのですが左奥にあるレジがチャージ用のやつです
支払いのときはこれにカードをかざす、機械の奥にあるのがカード

友誼食府で買ったものを持ち帰って宴

お家でテイクアウトしたお料理を食べてみました!

持ち帰った状態

四川料理は汁が溢れたらと心配しましたがラップでぐるぐる巻きにしてくれたので全然大丈夫でした。
飲茶のお店はプラの容器にタピオカみたいに上をシールしてくれていました。

中国パーリーナイ!!

餃子から時計回りにハチノスの和え物、クレープみたいなやつ、鶏あげたやつ、スペアリブです。

特に四川料理が超本格的!使ってる油や調味料が本場のものなんだと思います。香りから違います。

ハチノスの和え物も意外と癖がなく美味しかった。スペアリブも柔らかくてじゃがいもがごろっと入っていて美味。

鶏あげたやつは塩で味付けされてる感じで普通に美味しかったです。日本の唐揚げの味付けとは違うかな。

餃子とクレープは持ってくる間に皮がふやけてしまったのでフードコートで食べる方がきっと美味しい。
クレープはこれを頼むと他のものが食べられなくなるくらいのボリュームなので注意です!

上海料理は優しい味付けで、おこわの焼売は甘めの味付けのお肉が入っていて朝ごはんにぴったりでした。

かなりお優しいお味

次回行くときはフードコードで麺を食べたい!!!

葱の麺と担々麺が美味しいという情報を仕入れたので!!!

ただ、夫は本格的すぎる味付けがあまり口に合わなかったようなので1人で行きます涙

中国が好きな人、日本風にアレンジしていない本場の中華料理を味わいたい人は是非行ってみてください!

友誼食府
03-5950-3588
東京都豊島区西池袋1-28-6 4F
https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13242291/

目次
閉じる