ダイソーの新店舗!?スタンダードプロダクツで買ったおすすめ商品と正直レビュー

渋谷をフラフラと漂っていたところ、何やらおしゃれな「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」というお店を発見!

入ってみると「無印???」と思えるようなシンプル商品が沢山ある!その割にやたら安い商品が多いので色々と物色して見ました。

しばらくすると、「ダイソー」の文字が!

え!これダイソーのお店なの!?

とびっくり。

ダイソーが運営する300円〜1000円程度の品で構成される生活用品のお店でした!

今回は、ダイソー新店舗「Standard Products(スタンダードプロダクツ)」で買ったものを紹介しようと思います。

目次

Standard Products(スタンダードプロダクツ)で買ったもの

マスク

マスク4枚セットで300円だったので購入。

キシリトール配合と書いてあって装着するとたしかにスースーして不思議。

何気に色が良い。

麻のスリッパ

こちらも300円。ちょうどスリッパが欲しかったので購入。

かなり可愛いけど、柔らかいので履くときに上の部分がペタッとなっていてスッとは履けない。

でも300円なので文句はない。

パスタを入れる容器

こういうパスタを入れるやつずっと探していたんですが、意外と100均にはなく、ニトリは900円くらいしてたので尻込みしていた。

500円で購入。

シンプルだし使いやすいので気に入った!

スタンダードプロダクツと無印良品は住み分けができている

正直ここに訪れた最初の感想は、「これ、ダイソーから無印への宣戦布告やん!」でした笑

デザインがおしゃれシンプルなのにこれだけの低価格で提供するなんぞ、無双やん、、と感じました。

が、その心配は杞憂でした。

なぜかというと、

低価格な分、品質も同程度だから!

です。

例えば今回購入した麻のスリッパ、300円。超安い。無印だったら1500円はするだろうなと思いました。

しかしよく見てみると、なんか4つ色ペンの跡がある笑

商品を選ぶときこのペンの跡が無いものを選ぼうとしたのですが、ない笑

推測ですが、製造段階で上のカバーはここに縫い付ける!という印が残っているのだろうなと思いました。

そこまで想像できてしまい、店内で中国の工場の人たちに思いを馳せるタイムがありました。

このようなことは無印ではないだろうな、と。

ペンの跡がついていてもまぁ300円だから許せるわけです。

今回、食器も買おうかと検討したのですが陳列されている段階で、お皿の底部分が下のお皿の表面に擦れて細かい傷が入っていました。

と、いうこともあり、ダイソーも無印に戦いを挑んでいるわけでもなく、無印としても敵ではないのだな。と結論に至りました。

とはいえ、スタンダードプロダクツは低価格でおしゃれな商品が手に入ることもあり、新生活を始めた若い人や、上手に低価格商品を取り入れたい丁寧な暮らし志向の人にもかゆいところに手が届くお店ではないかと思います。

私も今度上手に利用させてもらうと思います。

渋谷のマークシティウエスト地下1階にありますので、興味のあるひとは是非訪れてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる